2017年03月09日

がんばれ、山田哲人選手!

山田から幻弾少年へ「またグラブ持って応援に来て」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-01789496-nksports-base

先日、WBCでホームラン性のあたりを、野球少年が捕球してしまい、2塁打になったときの話。

だれもが、この重要な試合での、この事件を、「あいつ、なにしてんだ、戦犯ものだ」とののしるなか(私も含めて)、山田選手のこの言葉は、素晴らしいとしか、いいようがない。

ミスはだれにでもある、応援してくれるファンを大切にする・・素晴らしい、ふるまいです。

なかなか、言えるもんではありません。

山田選手自体は、まだまだシーズンの調子ではないですが、きっと、日本のためにやってくれると信じています。
WBCでの活躍を願っています。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

特定健診

昨日は、木曜日で午後休診でした。

お産の予定の方がひと段落していたので、近くの先生に無理を言って、私の検診に行きました。

前日からの絶食、大腸ファイバーのための下剤にやられました。
強力な水下痢でした。

肺、胃、腸など検査しました。
結果は・・・

腸のポリープと右腎結石が見つかりましたが、とりあえず、治療の必要性はないとのこと。

その他は、問題ないと言われました。

5年ぶりに検査しましたが・・昨日は帰宅して、ずーっと寝てました。

検査していただいた婦長さんから、「最近は30歳台のかたでも、胃がんの方が結構きますよ」とのこと。検診は受けてください・・と言われました。

どうも、無理に入れていただいてありがとうございました。

もう、50歳を過ぎましたから・・気を付けます。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

妊娠中の空の移動の注意点

soranotabi.pdf
最近、ある産婦人科の先生が妊娠中の空の移動(航空機での移動)の留意点を自験例を踏まえて、論文にされました。

ここまで、詳細な、妊婦さんの空の移動についての論文は、私はあまりみたことがないので、大変参考になりました。

外来診療をしていると、里帰りや、旅行、仕事での移動で、飛行機を利用してもいいか?とのご相談をうけることは、よくあります。

妊娠中の旅行は、薦められませんが、里帰りや仕事で、やむをえず、飛行機を利用しなければいけないこともあるかと思いますので、この論文をご一読いただき、ご参考にしていただければと思います。

また、私の同級生の中には、航空関係の仕事をしておられる方もおられますので、ぜひご参考にしていただければ、幸いです。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

雪の日

DCIM0417.jpg

ちょっと用事あり、朝から、福岡へ行こうとしましたが・・

大村過ぎて、すごい雪で、前が見えませんでした。

急遽、川登インターチェンジで、通行止めの解除を3時間ほど待ちましたが、通行止めは広がる一方。

終いには、長崎の道も通行止めになり、結局国道で帰ってきました。

雪・・おそるべし。笑
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

お産日記―2世代のお産-

今日お産されたお母さんは、彼女が高校の時から、いろいろ見てきた妊婦さんでした。

我が子のように、説教、いや指導したり、冗談いったり・・

うちの前で事故があったときも、いち早く、連絡してくれたり・・

たぶん、このおじさん、説教こいて、うざい・・と思っていたと思うのですが、よく話を聞いてくれて・・本当に素直な、いい子です。

その子が結婚すると聞いて、嬉しかったのですが・・・

なんと、その旦那さんが、うちの親父が、急逝し、医者3年目の私が3か月だけ、うちのクリニックをしていたのですが、その最後、私が帰局する直前、平成3年12月24日に産まれた、男の子でした。

最近聞いて、びっくりしました。旦那さんも真面目ないい方です。

産まれて、二人で号泣。私も感慨深く、目頭が熱くなりました。ほとんど、身内のお父さんの感覚ですねぇ。笑

たぶん、私がお産についた子で、2世代目につくのは、初めてだと思います。

すべてのお産に思い入れはあるのですが・・今回は、なかでも特別な感じでした。

命をつなぐ・・それを実感したお産でした。

あと20年後・・3代目はたぶんないでしょうが・・笑。(というか、そこまではこの仕事は無理だなぁ・・)

本当におめでとうございます。心より、お祝い申し上げます。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

インフルエンザにご注意

今日、小児科の先生の当番医で、インフルエンザ多量、嘔吐下痢多量のご報告でした。

先日当院でも、インフルエンザA型の妊婦さんがいらっしゃいました。

いよいよ、長崎でも流行し始めている模様です。

十分にご注意ください。


posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

年賀状のお礼

今年もたくさんの当院の卒業生の皆様から、年賀状を頂き大変ありがとうございました。

すべての年賀状を一枚一枚拝見いたしました。

どの年賀状も、ほのぼのと、またたくましく、子供さんの成長とご家族の幸せそうな笑顔があふれたものでした。

なかなかお会いする機会がありませんが、年賀状を拝見すると、元気そうで、よかった、と安堵することしきりで、ほっとするようなものばかりでした。

なかには、近況をご報告いただき、驚くものもありました。
皆様の今年1年のご健康とご多幸を切にお祈り申し上げます。

もし、当院近くにお越しの際は、ぜひ、当院にもご来院ください。

スタッフ一同、お待ちしております。

おひとり、おひとりには、年賀状の返信ができませんでしたことを、この場を借りてお詫び申し上げます。

本当にありがとうございました。

池田産科-YOU-婦人科医院
池田裕一郎 スタッフ一同
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年当院分娩統計

2016年の当院の分娩統計です。

分娩数 129件
経腟分娩:120例(93%)
     分娩体位 側臥位52%、仰臥位46%、四つん這い1%
     会陰切開 5例(4.2%)縫合なし34例(28%)
     分娩誘発 13例 無痛分娩処置1例
帝王切開:9例(7%)
     緊急帝切3例(2.3%)  
     予定帝切の陣痛発来1例、遷延分娩1例、妊娠高血圧症1例
     予定帝切6例(4.7%)  
     前回帝切5例、骨盤位1例
母体搬送 切迫早産1例(国立長崎医療センター)
新生児搬送 高ビリルビン血症1例(長崎みなとメディカルセンター)
他院紹介 9例
子宮外妊娠2例(済生会病院)PIH1例(諫早病院)前置胎盤2例(長崎大学)双胎1例(市民病院)FGR1例(長崎大学)頸管無力症1例(長崎大学)腎炎1例(長崎大学)
仮死出生児1例 AP6点
出生児体重 2240-4195g 低出生体重児6例
妊娠週数 36週2日−41週4日 早期産児3例
里帰り紹介 10例、他院からの紹介で分娩37例
当院での分娩既往 47例
初産57例 経産72例
35歳以上の分娩24例(20%) 35歳以上の初産例5例(圧出1例、重度裂傷2例)

総括
昨年は分娩が前年より12例減少しました。これも少子化の流れでしょうか?
帝切率は、7%と目標の10%よりは低率でした。
いつも目標としている、早産の管理については、1例16週の流産、1例は、国立に搬送しましたが、早産されております。大学への症例は、開腹の上、シロッカーをされて、貴重な症例でした。
昨年は前置胎盤が2例あったのも、最近にはないことでした。いずれも28週ころに出血、子宮収縮はなく、大学へご紹介させていただきました。
骨盤位は、129例1例と1%以下で、やはり低率と思われます。骨盤位の帝切は久しぶりでした。これは、妊娠経過中に、外回転をするからかもしれません。ちなみに、1例は、38週で外回転し、そのまま誘発した例が1例ありました。
会陰切開は、ほとんどしませんが、児を緊急に出したいとき、胎児が大きく、重度裂傷が懸念された5例でした。縫合なしが4人に1人で、助産師さんの努力がうかがわれます。できれば30-40%くらいに、もう少し率を上げたいですね。
近年、35歳以上の分娩される方は増えています。幸い、児や母の重篤な異常はありませんでしたが、35歳以上の初産の方は、特に会陰の伸展がわるく、圧出が必要だったり、裂傷が重度になる傾向があるようでした。

昨年も基幹病院の先生方には、大変お世話になり、心より感謝申し上げます。

今年も、よりいい分娩・妊娠管理ができますよう、努力してまいりますので、皆様よろしくお願い申し上げます。


posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 統計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

明けましておめでとうございます

DCIM0411.jpg DCIM0412.jpg

新年、あけましておめでとうございます。

もう、1月3日になりました。

明日からは、また通常の診療が始まります。

今年も、恒例の矢上神社初詣に、行きました。

今年のおみくじは、末吉でした。

これまた、恒例の安産石跨ぎをしてまいりました。

今年も皆様にとって、いい年になりますように、願っております。

今年も、昨年同様、よろしくお願い申し上げます。

池田裕一郎
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

年末のご挨拶

DCIM0409.jpg

今年もあと数時間で、つつがなく1年を終えようとしています。

今年一年、本当にありがとうございました。

患者さんはもちろんのこと、当院スタッフ、基幹病院・開業の先生方、業者の皆様、友人そして、私の家族に、深く感謝します。

来年も皆様にとって、いい年になりますよう、心よ祈念申し上げます。

何卒、よいお年をお迎えください。

池田裕一郎
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする