2015年01月16日

広島カープ・黒田投手・・という男

yahooニュースに以下の記事を見ました。

災害復興・・と、人は口ではいろいろ言いますが・・

黒田選手は、本当にすごい。いち早く現場をみて、彼は大阪の出身ですが、自分が育ててもらった、広島の地や人を本当に愛しています。
普通の人にはできません・・
この行動こそが、本当の復興支援となり、一番の大切なことだと思います。
彼の思いが、広島の人に伝わればいい・・と思います。

広島に復帰した黒田選手。
本当にすごい・・選手なのだ・・。
広島は、長崎出身の選手もいるし・・応援しますよぉ!
素晴らしい!

以下引用記事です。


黒田「21億円捨て広島復帰」決めた広島土砂災害の現場

「わしは野球には興味がないけぇ、サッカーファンなんよ。じゃけぇ、地元テレビ局の人と一緒に“彼”が来てくれたときも、体の大きな無口なカメラマンじゃあ思おとった。でリラックスさせるために言うたんよ、『あんた、テレビで見たことあるよ』と。でも、黙って頷くだけじゃった(笑)」

 昨年10月25日、広島市の土砂災害で被災した安佐南区緑井8丁目に住む野間茂氏(68)は、駆けつけてくれたボランティアの人たちとともに半壊した自宅の片付けに追われていた。休憩時間に彼らを自宅に招き入れ、被災当時の写真を見せていた。そんなとき、冒頭の2人が訪ねてきた。その“体の大きなカメラマン”こそ、8年ぶりの広島復帰を決意した黒田博樹(39)だった。

「しばらくすると、みんながざわつきだして『ウソっ?黒田さん?』と気づき始めたんよ。もうビックリじゃ。皆が喜んで彼を取り囲むようじゃった。忘れられんのは、若い女性が『今年もアメリカで頑張りましたね』と言うたんよ。そしたら寡黙だった彼が、人一倍大きな声で、『いえ、本当に頑張っておられるのは、あなた方です!』と言うたんよ。もう、どんだけすごい人じゃろうか」

 年俸約21億円を蹴って、4億円の広島復帰に米メディアは「クレイジー!なぜ?」と報じた。だが、交渉を続けてきた鈴木清明球団本部長は、復帰の理由を「ファンへの使命感」と話した。もっとも長く取材を続けてきた地元テレビ関係者は「理由はひとつだけではない」としながらこう語った。

「日本に帰るなら、最後は広島でとの思い。監督が緒方孝市に替わったことなど理由はさまざま。このオフには3回も交渉しとる。それまで複数回交渉することはなかったんじゃ。じゃけぇ、黒田のなかで変化があったことは事実じゃろう。最後の最後に後押ししたんは、本気になった球団の誠意もあるけど、直接ファンの声や被災地の現状を見たことが大きいじゃろうね。あいつはそういう男よ」

 野間氏は’70年代半ばに戦時下のベトナムを訪れ、難民キャンプで奉仕活動をした経験を持つ。

「作業いうんは、ホント大変なんよ。とくに土砂の撤去はね。若い子が顔を真っ赤にしながら、倒れる寸前まで頑張ってくれとったんよ。無駄口叩かんし、ピ〜ンと張りつめたなかでね。でもね、黒田さんが来てくれてからは、えらいつらい作業もみんな、笑顔でこなしていくんよね。ボランティアいうんはいろいろな形があるけど、やっぱりすごい人いうんは、もうそこにおるだけで周りの人を力づけるんじゃね」

 大好きだった街が無残にも破壊された光景に言葉を失い、立ちすくんだ黒田。その後にやってきた被災者やボランティアの人たちとのふれあい。なによりも義を大切にする男の心の中を想像するのは難しくない。

 今年、広島は被曝から70年、’75年の初優勝から40年の節目の年を迎える。「苦しいときに喜びを与えられるなら最高のモチベーションになる」。自らの言葉を地でいく決断だ。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

長崎大学産婦人科バスケット部・delivery's 祝!男女アベック優勝!

376626_409198589142862_2038731172_n[1].jpg
これは、13年前、まだ産婦人科に在局当時に、長崎大学医学部の医局対抗バスケット大会(通称、宮崎杯)で優勝した時の写真です。
この時、長女が3歳、長男は0歳でした。

月日は流れて・・・
H24 11月20日、delivery'sは、13年ぶりに見事、Eリーグと女子部で優勝を果たしました。
deliveryとは、分娩・・という意味で、産婦人科バスケ部のチーム名です。
DCIM0235.jpg  DCIM0234.jpg
Eリーグ 決勝スコア 32対5(vs.いちげか)
女子部  決勝スコア 16対8
でした。
DCIM0233.jpg  DCIM0232.jpg

私は、一回目の優勝当時は、まだ30代でしたが、すでに50歳になりました。
50歳以上の人は、点を入れたら特別に加点してほしい・・と本部に懇願しましたが・・そういうチームはほかにないので・・と無碍に断られました。俺って、今回参加している最年長?がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)
今回はするつもりは全くなかったのですが、主力が怪我とのことで、急遽今日になって、オファーが来ました。

50歳にもなって、するスポーツではないと・・重々承知でしたが・・

友人の教授就任祝いとも重なっていて、講演が終わったところで、いてもたってもいられず、大変申し訳なかったのですが、中座して、試合に行かせてもらいました。

久しぶりの準決勝、決勝とのことで・・新しいバッシュをさげていきました。

準決は、10分くらいでました。シュート2本うちましたが・・惜しくも入らず・・。

決勝は、引退最後の舞台と思い、最後の2分で出してもらえるように、お願いしました。
シュート2本うちましたが、これも入らず・・

しかし、最後にコートに立てていたことで、とてもうれしく感じました。

やはり決勝の舞台は、いいものです。

もともと、数年前から、バスケの試合は、年不相応のため、やめたいと、ずっと思っていましたが、2年前の準決で、チームで一緒にしてくれていた女子が、うずくまるくらい泣いて、それをみて、本当に申し訳ない・・と思い、できれば優勝できるときには、参加したいと思っていました。今日は、その子も来ていて、一緒に喜んでくれました。なんか、今まで2年間の思いが晴れた気がしました。
その時の写真
542618_435126096550111_1193947068_n - コピー.jpg  231122_435126073216780_724020907_n - コピー.jpg
そのときのFB上での私のコメント・・
「でも、来年は49ばい。きょうは腰も痛かし、・・本当に、昨日試合中に、3回、ゲロったとって。家に帰っても、食事は流動食やったばい・・。苦笑、しかも、あげん、真剣にしよらすとに・・おいが、あのはじめのシュートばいれとけば・・、ノーマークのロングパスも、うまくいっとけば、あの4番の子がいれてくれとった・・はず・・っておもうたら、もう限界たいねぇ。(・∀・)靴ものうなったし・・」

この悔しさが、今回までのモチベーションでした。

それから、苦節2年・・・やっと、優勝にたどり着きました。

今回、自分的には、すでにさらに、いっぱい、いっぱいで、ほとんど足手まといの感は否めません。

たぶん、これが、自分がでる最後のバスケの試合の優勝だと思いますが、この年で、最後にコートに立てて、優勝を味わえて、非常にうれしかったです。出ていたみんな、応援していただいた皆さんに感謝です。

ちなみに、今日していったネクタイは、大学時のバスケの時には、必ずして行っていた、スクールカラー緑のレジメンタイでした。(大学のオフィシャルのものではないですが・・自分的に縁起を担いでいたものです・・)

delivery's 万歳!わーい(嬉しい顔)

DCIM0229.jpg

最後に、バスケ部、浜口先生のお言葉!
「私たち、delivery'sには、栄光の歴史がある!手(チョキ)


posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

結婚式

DCIM0224.jpg DCIM0226.jpg DCIM0227.jpg

昨日はうちの職員の結婚式でした。

うちの職員総出で出席してきました。

柄にもなく、来賓あいさつで、前日より、胃の痛みが最高潮に・・ふらふら

ウェディングドレスが、大変似合っていました。

気遣いのある、心のこもった式でした。

末永く、お幸せに・・ハートたち(複数ハート)
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 18:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

矢上くんち

DCIM0210.jpg  DCIM0212.jpg  DCIM0214.jpg  踊り隊の皆様

DCIM0218.jpg  DCIM0216.jpg  DCIM0220.jpg 
蠣道浮立

DCIM0221.jpg  DCIM0222.jpg  DCIM0223.jpg
間の瀬浮立と猿狂言

今日は、矢上くんちの日です。

毎年10月17日に行われる、矢上神社の大祭です。

奉納踊りの後、庭先回りに来ていただきました。

今年は、間の瀬と蠣道が踊り町で、それぞれに特徴のある浮立でした。

秋晴れのもと・・お母さんたちは大変なようです。お疲れ様です。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

長崎くんち

今日は、台風一過の素晴らしい秋晴れです。

早いもので、今年もこの季節となりました。

長崎諏訪神社 秋の大祭・長崎くんちの前日です。

今年は長崎くんち開始から380年目の年だそうです。

この日になると、何となくそわそわしますねぇ。

今年の踊り町、出し物は以下。

詳しくはこちらから・・http://nagasaki-kunchi.com/



平成26年(踊町・演し物は確定)

興善町 傘鉾・本踊〔石橋〕(ほんおどり しゃっきょう)
八幡町 傘鉾・山伏道中(やまぶしどうちゅう)・剣舞(けんぶ)・弓矢八幡祝い船(ゆみやはちまんいわいぶね)
万才町 傘鉾・本踊(ほんおどり)
銀屋町 傘鉾・鯱太鼓(しゃちだいこ)
五嶋町 傘鉾・龍踊(じゃおどり)
麹屋町 傘鉾・川船(かわふね)
西M町 傘鉾・龍船(じゃぶね)
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

錦織選手・全米オープンテニス・祝準優勝


錦織選手、本当に残念です。千載一遇のチャンスだっただけに・・
このコメントが、日本人的で、すべてなのでしょう。
やはり、一番になるのは・・本当に難しいことです。
今回の結果は、十分賞賛に値するのですが、世界的歴史に名を残す・・とすれば、一番と二番では、大きな差があることも事実・・その意味では、本当に残念で、大きなチャンスを逃したといえます。
しかし、勝負は時の運、このレベルの選手が、数十人しのぎを削っているわけだから、実力は上位でも、勝てるかどうかは、そのときの(メンタルコンディションも含めた)運しだいとも言えます。逆に、次にこのチャンスが巡ってくるのも、そう多くないようにも思えます。
ただ、実力が付いたのも十分に示しましたし、本人がいうように、勝てない相手はいなくなったとも言えます。
あとは、怪我することなく、捲土重来を期してもらいたい・・そう思います。
これだけ、大変な偉業なのだから、ここまでみんなが騒ぐのはしかたないことで、それをはねのけるのが、プロといえるのでしょうが・・、シリッチ選手との大きな違いは、技術云々ではなく、彼にかかる、期待の大きさの重圧・・だったのかもしれません。
本当にお疲れ様、ありがとうございました。そして、準優勝・おめでとうございます。
今後の活躍を願うばかり・・です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140909-00000086-spnannex-spo

それにつけても、国枝選手、上地選手は、本当にすごい・・彼らの偉業がいかにすごいか・・その凄さが、際立った・・とも言えます。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

POEオリジナル作品集・[Bon appetit]

DCIM0205.jpg

市原隆靖さんの所属する・POEのオリジナル作品集が届きました。

「Bon appetit」です。

さっそく院内で、流しています。

木管楽器の音色に・・癒されます。


http://www.1chan.com/disco/index.html
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 14:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

東長崎花火大会

DCIM0199.jpg

昨日は東長崎商工会の花火大会でした。

子供が行きたいというので、歩いて行ってきました。

すごい人・人・人・・人が多くて・・人酔いしました・・。


うちからも見れるのですが、近くで見る花火は、壮観でした。



posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

長崎夜景

DCIM0181.jpg

昨日は、母の傘寿の祝いで、姉家族、妹家族が集まり、稲佐山のガーデンテラスで食事。

その後母の希望で、ロープウェイにのり、稲佐山山頂に夜景を見に行きました。

他院の先生から、帝切のご依頼があったのですが、今回はパスさせていただきました。すみません。

食事は、豪華で、美味しかったのです・・が、貧乏性で味盲で、おこちゃま舌の私や子供たちには・・猫に小判・豚に真珠・・??

どこぞかの、定食屋で十分・・って言ったら・・

もう、連れてこん!って言われそうです・・・笑
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

院内バーベキュー大会

DCIM0180.jpg

毎年恒例の院内バーベキューを開催しました。

いつも、梅雨が明けたこの時期にします。

スタッフ家族の交流の場です。

子供たちがとても元気で、走り回ります。


DCIM0179.jpg

恒例のスイカ割です。

今年も見事に粉々です。わーい(嬉しい顔)
クワガタのごとく、子供たちは手づかみで食べてます。

家族を大切に・・当院のモットーです。

子供たち、家族の協力なくして、この仕事は務まりませんから・・

少しでも、ご家族孝行できれば・・・と思っています。

いつも感謝の気持ちを込めて・・。ありがとう。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

おやじになった喜び

後輩の産婦人科医が最近おやじになりました。

おめでとう!わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

彼は、産婦人科医でありながら、自作で歌を作っています。

以前、Giftという曲を、拙ブログで紹介しましたが、今回、新しい曲を書き下ろしたようです。

産婦人科医としてではなく、おやじになった喜びがよく伝わってくる歌です。

よかったら、聞いてみてください。

ちなみに、以前に、生命の誕生の喜びを歌にした、Giftも再度リンクを張っておきます。この曲は、本当に好きです。こちらもよかったどうぞ。

新曲
http://www.youtube.com/watch?v=FCD8xlazfS4

Gift
http://www.youtube.com/watch?v=DZ8q_y2da5M
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

英会話って・・・

うちの次男話題・・またまた、やってくれました。
今、うちのかみさんの友達がその息子さんと、アメリカから里帰り中。
先日、佐世保で、うちの次男を連れて会いに行った。
息子さんは、日本語が話せない。当然うちの次男も英語は、話せない。
しかし、二人の共通のものがある・・それは、ポケモン・・。
チャレンジャーである次男の自己紹介・
「マイネームイズ・T.ikeda。ニックネーム・イズ・tosi」
おおお、すごいじゃん。
それから、DSによる、ポケモン遊びがはじまったそうだ・・
最近うちの息子、妖怪ウォッチに凝っている。その、説明が・・・
「だぁい・にぃ・の・ぽぉけぇもぉん・・(第二のポケモン)」
ん?バリバリの日本語・・お笑い芸人の外人のセリフやん?笑
次男曰く、「それでも、なんとか通じたバイ!」
いやぁ、それは、自分がおもってるだけでしょ!笑
でも、うちのかみさん曰く「お母さんの、通訳なしで、しゃべりよったよ・・」
ナント・・
次男曰く、水タイプポケモンは、「ウォーター」だそうだが、炎タイプは、「ホノオ」で通じたそうな?ほんとかいな?笑
さらに、次男曰く「わからん時は、OH! YES!とか言ってれば、なんとかなる・・」
こいつ・・やはり度胸ある!俺とは違うなぁ。笑
今週、友達親子がうちに泊まりに来る・・
二人の会話が今更ながら、楽しみである。

感想:やはり会話は、知識ではない。度胸だなぁ。年取るほど、完璧に話さないと通じない・・と思って、外人さんとの会話に恐怖心があるのであるが、これくらいの子供がすぐに話せるのは・・わかる気がする。

追記:そこまで度胸あるくせに・・昨日の雷は、怖かったらしく・・「お父さん、お母さん。一緒に寝て」だそうです・・ふらふらやはり雷には・・勝てんか?わーい(嬉しい顔)
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

50歳になりました・・。

今日は、私の誕生日です。バースデー

もう50歳になります・・。ふらふら

たくさんの方々にお祝いコメントいただき、本当にありがとうございました。

50というと・・かなりおじさん・・いやおじいさんに近いイメージでしたが、いざ自分が・・というと、そうでもないじゃん?と思ったりして・・

初老を迎え、以前よりはだいぶ、体力的にも衰えを感じ、白髪も増え・・って感じですが・・

まわりの支えてくれる方に感謝しつつ・・

もう少し、地域の方々のために、決意新たに、がんばってみようか・・・思う所存です。パンチ

今後ともよろしくお願い申し上げます。わーい(嬉しい顔)
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

横綱・白鵬関 

横綱・白鵬関のブログです。

このブログを読んで、感動し涙しました。

相撲も横綱として、その強さを発揮し、人として、家族の長として、夫として、・・

本当に素晴らしい方です。

子供さんのご冥福をお祈りするとともに、早く元の精神状態、生活に戻れることを、切にに願っています。

さらに、マスコミがこれ以上、騒ぎ立てないことを、切に望みます。

http://ameblo.jp/hakuho-69/entry-11871576460.html


白鵬 無言の理由は夫人の流産だった 公式ブログで明かす

大相撲の横綱・白鵬(29)が5日、紗代子夫人が出産予定だった第4子を流産していたことを明かした。

 自身の公式ブログで「私の妻、紗代子のお腹(なか)には、私と紗代子の4人目となる子がいました。ですが。先月、妊娠五カ月目で残念な結果になってしまいました」と公表。流産が分かった翌日の夏場所14日目から大相撲中継を放送するNHK以外の報道陣に対して無言を貫き、優勝の一夜明け会見に応じなかったことに触れ「会見に出たら、おそらくお腹の中の子供のこともきかれるであろうと考えました。紗代子のことを考えると、事実を発表するには早すぎて、しかし嘘(うそ)をつくことも胸が痛みました」と書き込んだ。

 白鵬はこの日、東京都文京区の拓大で特別講師として教壇に立ち「夢を持つことは大事。皆さんもたくさんの夢に向かっていってほしい」と熱弁を振るった。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

中学時代の恩師・春の叙勲受賞を心から祝う

付属中学校時代の恩師、渡辺 威 先生の、春の叙勲・瑞宝双光章 受賞が決定した。

大変、おめでたく、教え子の私たちにとっても、大変誇らしく、嬉しい限りである。

しかし・・

私は、この先生に担任していただいことはない。

接点といえば、同学年の担任であったこと、私がクラブがバスケで、先生はバドミントンの顧問をされていたので、同じ体育館の運動クラブであったこと・・くらいだ。
しかし、同学年であったので、クラスマッチなどでは、対戦したことは、当然あったように記憶している。

それくらいの接点なので、30年以上たった今では、当然私のことなど覚えておられないだろう・・と思いきや、同級生から、

「いやいや、先生は明確にぎゅうしゃんのこと覚えてたよ。前回の同窓会のときに確かソフトボール大会の話になって、「あんとき池田がなぁ…」みたいなことおっしゃってました 先生なめたらいかんよ。」
とFB上でのコメントあり・・

正直・・驚いたし、大変失礼なことをしたと・・前回の会でぜひともお会いするべきであった・・と自省した。


これは、何としても、お会いしなければ・・。
同志でお祝い会をする予定なのであるが、あいにく、当日、先約があり・・でも、どうにかせねば・・。

しかし、今の先生がどういった方々か、私は存じないが、いまどきこのような人情味あふれる、熱意ある先生がどれくらいおられるのであろうか?たしかに、体罰まがいのことは、受けたような気もするが、30年の時を経て、担任以外の同学年の一学生を覚えておられるなど、今の人と人とのコミュニケーションがが希薄な時代、とてもありえないような気がするのである。

このような師に恵まれていた私は、本当に幸せ者である。こういった、熱意ある先生、よき友と過ごした中学時代があるから、今の自分があるといっても、決して過言ではない。

いい人に出会うことが、自分を高め、よき財産ともなる。
まさに、それを教えていただいた、中学の恩師には頭が下がるばかりである。
素晴らしい、先生方にお会いすることができたことに、いまさらながら、感謝しきりである。

渡辺先生、本当におめでとうございます。
心中より、お祝い申し上げます。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

第6回AKB選抜総選挙 中間速報

ミーハーな話題ですが・・

第6回AKB選抜総選挙 中間速報がありました。

第11位の森保まどかちゃんのご実家は、うちのすぐご近所です。(今は、福岡なのかなぁ?)

昨年も途中まで好調だったのですが・・・

今年こそは、上位に行けるよう、頑張ってほしいものです。

おじさん、陰ながら、応援しています。
みなさんもぜひ、応援してあげてください。るんるん

東長崎の星!ぴかぴか(新しい)地元矢上の星ぴかぴか(新しい)森保まどかぁーーがんばれぇーーパンチ

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/05/21/kiji/K20140521008207180.html
【選抜メンバー】
1位=指原莉乃(37582)HKT48
2位=渡辺麻友(25283)AKB48
3位=松井珠理奈(23012)SKE48チームS・AKB48チームK兼任
4位=柏木由紀(17266)AKB48チームB・NMBチームN兼任
5位=島崎遥香(15514)AKB48
6位=松井玲奈(14897)SKE48・乃木坂46兼任
7位=山本彩(14798)NMBチームN・AKB48チームK兼任
8位=柴田阿弥(12340)SKE48
9位=松村香織(12190)SKE48研究生
10位=兒玉遥(9879)HKT48チームH・AKB48チームK兼任
11位=森保まどか(9562)HKT48
12位=横山由依(9505)AKB48
13位=高橋みなみ(9005)AKB48
14位=二村春香(8755)SKE48
15位=北原里英(8584)AKB48
16位=宮澤佐江(8273)SNH48チームS2・SKE48チームS兼任
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 11:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

こまち食堂@長崎 岩永梅寿軒前

DCIM0166.jpg DCIM0164.jpg DCIM0161.jpg

今日は、暇なので、もう一ネタ・・

当院のシェフをしてくれていた、浦川君が店を出しました。
かねてからの希望だったので、うれしい限りです。
(当院にとっては、痛手ですが・・心機一転、頑張ります。)

その名は・・「こまち食堂」レストラン

場所は、長崎中通り、岩永梅寿軒の真ん前のビルの2階です。

当院でも評判が良かった食事・・です。

腕は、確かです。保証します。わーい(嬉しい顔)

上写真は、先日、昼ランチに行ったときの、「牛筋カレー」です。

デザートも豪華です。

face bookはこちら・・https://www.facebook.com/pages/Aperitivo%E3%81%93%E3%81%BE%E3%81%A1%E9%A3%9F%E5%A0%82/776755749003828

是非、行ってみてください。おすすめです。

池田の紹介・・といえば、なにか特典あるかも・・です。わーい(嬉しい顔)
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

すばらしいチーム医療・医龍のようなお話


宮崎にいる、高校の後輩の話です。
日本の医療の原点を見るような話で、感動しました。
最近は、責任問題・・とかいって、充実した施設でしか診療できない・・という医療者が多い中、この姿勢はすばらしいと思いました。
彼、兄貴、そして、そのチームスタッフの人々の勇気、技術、気概に改めて賞賛の拍手を贈りたい。
こういう後輩がいて、大変誇りに思います。
なによりも、その熱意により、快復した患者さんがいて、本当に良かったと思います。

以下FBより転載です。

僕が小4の時に、父は実家の病院を継ぐために大学病院の心臓外科医をやめて、消化器外科医として延岡に帰って来ました。

その後、病院を増改築する時には「いつか人工心肺を回す手術をするかもしれんから」という理由で、第1オペ室は非常に(ムダに)広い面積をとりました。

あれから約30年間、地域医療に尽くし、手術しまくった後、現役を引退しオペ室は兄貴に譲ったようです。

で、先日兄貴から
「自分が肝臓の手術をした患者さんが、下大静脈から再発し右心房に充満するぐらいになっとる。身寄りもなく、久留米まで連れて行かれんが、何とかならんか?」との相談あり。

ありがたいものです。
普段から一緒に仕事している仲間に連絡し、都合をつけていただき、みんなの協力で準備しました。

で、昨日初めて、当院にて人工心肺を使用し肝臓、心臓の同時手術を行いました。病院スタッフも含め、協力メンバーのお陰で予定通り手術も終わり、先程意識もしっかりして人工呼吸器も離脱し、経過も良さそうです。

皆さん、本当にありがとうございました。

で、最初のひとこと、「夏にはみんなで、バーベキューしよや〜。潜って獲っちくっかいよ〜」
さすが、素潜り漁師さんらしい一言、いただきました
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

SMAP moment

今日のマイブームは、TBSのオリンピックテーマソング、SMAPの「moment」でした。今日何回きいたでしょう・・(^^♪

サビの部分の歌詞が・・・葛西選手とダブって・・泣ける。

この一瞬のための何千時間 壁は自分だった 今わかったこと
この瞬間のために失ったことも多いけど 確かめたくて

この一瞬のための何千時間 強さって優しさ 今わかったけど
この瞬間のためになぜ時間ついやしてきたのか 今わかったよ

この一瞬のためだけじゃないんだ 続きはまだあるんだ 探してたこと
この先で見つけられるかな その一瞬のために歩き続ける

この瞬間

葛西選手のテイクオフの瞬間・・たったコンマ数秒は・・こんな感じではないでしょうか・・そしてこれからも・・

お産で赤ちゃんが泣いた瞬間も・・まさにこんな感じ・・

やっぱ・・泣けるわぁ。SMAP・・いいです。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

ソチオリンピック・ジャンプ・ラージヒル個人・葛西紀明選手、銀メダルおめとう!



今朝、ジャンプ、最後まで見ました。

叫びました。喜びました。泣きました・・・

報道でも何度でもあっているように、葛西選手には、私もかなり思い入れがありました。

以前V字といえば、葛西と言われていました。
1994年リレハンメル大会・・私は、長崎大学原研遺伝で、遺伝の研究をしていました。
このとき、例のごとく、テレビの一番前で、講釈をたれつつ、大きな声で声援を送り続け・・ときの教授から、「池田は、ジャンプの面白い解説をする」とお墨付きを頂いたほどでした。
この時の日本チームは、原田・葛西・岡部・西方の4名。アンカー原田までに、大量リードを保ち、あとは、原田が人並みのジャンプをすれば・・間違いなく、札幌オリンピックの笠谷・青地・紺野以来の日の丸飛行隊復活の金をとれるはずだったのです。・・・が、結果は、原田の大失敗ジャンプ・・まさかの銀に終わりました。ある意味、この時の葛西は、世界で一番素晴らしいV字といわれていました。

1998年の長野大会・・当然葛西は、選ばれて団体で金のはずだったのですが、怪我の影響もあり。また、葛西に変わって台頭してきた、船木にもおされ、結局金をとった長野オリンピックの団体戦のメンバーからはずされてしまいました。スキーの前に頭がでる、あの”カミカゼ・カサイ”と言われた、すばらしいV字飛行も、いつのころからか、金メダルをとった船木の代名詞になってしまいました。

本当に悔しかったのか、その後、葛西は、髪をまっキンキンに染めていました。その姿は、あたかも、ワールカップから外された、三浦カズのような風貌と重なって映りました。

その後は、あまりにも長野で、日本人が強かったせいか、スキー板の長さの変更や、スーツの規定など、日本人には不利な規則改訂が進み、しばらく鳴かず飛ばず・・契約会社もうまくいかず・・
オリンピックにはでるものの、いつも期待してみていましたが、入賞することはあっても、メダルには手が届きませんでした。

そして、今回・・葛西は、不死鳥のように復活・・
一役メダル候補に、戻ってきました。

そして今朝・・
一本目のスタートのときに、笑顔すら浮かべる余裕でスタート!
飛べ、飛べ、飛んでくれーーー!叫びました。テイクオフの瞬間は、落ちるな!落ちるな!叫びました。
飛距離は139M、最長不倒でした。

2本目、祈りました。この20年の思いを込めて、原研遺伝のテレビの前で応援して、ダメだったあの何とも言えない敗北感を思い出しなが、必死に祈りました。
結果は133.5Mその時点では、1位!メダルは確定!
しかし、葛西は、銀ではだめなんです。金でないと、リベンジは果たせないのです。ストッフ、もう、金もっているのだから、ここは、葛西に譲ってくれ!ごめんけど、早く落ちてくれ!不謹慎にもそう思いましたが・・やはり勝負の世界は無情です。ストッフは強かった。飛型も綺麗でした。
納得の銀でした。無念です。

しかし、泣けました。この頑張りには、本当に頭が下がります。
41歳、皆は、今がピークと言いますが、彼のピークは、もっと前にあったと思います。
が、一番の違いは、気持ちの強さだったように思います。
あの、モモンガ飛行は、以前の素晴らしいV字では、ないように思いますが、彼の今までの努力の結晶と思います。
また、今回あまり言われていませんが、彼の中には、同世代の岡部孝信選手の存在も大きいのではないかと思います。彼は金メダルを持っているのですが、彼もまた、葛西選手同様、43歳の今も現役で、今回のオリンピックにでるために、国内戦を最後まで戦い続けていました。船木選手も同様です。

でも、私的には、まだ葛西選手はリベンジできていません。
彼は、既に金を2個持っていたはずなのだから・・

彼のレジェンドは、金をとってこそ、完結します。
そのチャンスは、今回好調な日の丸飛行隊のラージヒル団体の金獲得によって、完結するものと思っています。
葛西・伊東・清水・竹内・渡瀬・・・各選手、ラージヒル団体、期待しています。必ず、”金”をとってください。

何はともあれ、葛西選手、本当におめでとうございます。
私も、この20年のもやもやが、少し晴れました!

posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする