2015年10月15日

インフルエンザワクチン接種

今年もインフルエンザワクチン接種の時期がきました。

今年は仕入れの価格が上がっています。

そのため、完全予約制にさせていただきます。

ご希望の方は、当院受付で予約をお願いします。

接種日は、後日ご連絡させていただきます。

なお、妊婦さんの予防接種は可能ですので、よろしくお願いします。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

長崎くんち

http://nagasaki-kunchi.com/

今年も今日から、長崎くんちがはじまりました。

私の知人も、担ぎ手としてでるそうです。

諏訪ノ森は、しゃぎりの音で賑わっていることでしょう。

なんとなく、そわそわする3日間です。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

家族って・・いいもんだなぁ。


今日朝から、北斗晶さんの会見を見ました。

偽りなく、今の自分の心境を語る・・・いい会見でした。

なによりも、佐々木健介さんが必死でサポートする姿、子供さんたちの思いが、ひしひしと伝わってきます。

家族って・・いいもんだなぁ。

苦難、困難は、必ず訪れますが、一人では心が折れそうで、なかなか立ち直れませんが、家族があってこそ、乗り越えていけるのだ・・そう思いました。

日ごろは、愚痴ばかりで、うざったい・・と思うときもしばしばですが・・

やっぱり、家族って・・いいもんなんですよ。

北斗晶さんが、精神的にも、肉体的にも、病気に打ち勝てることを、切に願います。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 11:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

結婚報告ラッシュの日



今日は、福山雅治さん・吹石一恵さん、千原ジュニアさん、元全日本バレーの大山加奈さんと、結婚報告ラッシュでしたねぇ。

中でも、長崎の英雄・福山さんの結婚は、衝撃を受けた方も多いのではないでしょうか?

吹石一恵さんといえば、以前TBSのドラマの、「とんび」で、佐藤健さんの相手役のシングルマザーの演技が印象にあります。暖かい感じの方でした。

福山さんと言えば、家族を大切にする・・印象があります。

彼の曲の「家族になろうよ」・・いい曲です。

今度は、子供さんができて、実体験版「家族になろうよ」をぜひ、歌ってほしいです。
そして、この少子化の時代・・家族の大切さ、喜びをぜひ語ってほしい。
そして、一組でも多くの新しい家族の誕生を後押しをしてほしい・・そう、真に願っています。

みなさん、末永く、お幸せに・・

おめでとうございます。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

長崎原爆祈念日

今日は長崎原爆祈念日です。

被爆2世である、私も感慨深い日です。

11時2分、サイレンとともに黙祷しました。

甲子園の創成館の選手も黙祷していました。彼らの気持ちになんかホッとしました。それくらい、長崎人には特別な日なのです。(さあ、創成館の選手たち、思う存分がんばってください!)

命をつなぐ仕事に携わる者として、今後も、末永い平和を祈ります。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

長崎大水害から33年

今日、長崎大水害から33年・・今死没者の追悼のサイレンが鳴りました。

思えば、うちの父親が水害にあった年齢は、ちょうど今の私の年です。

家はすべて壊滅的で、父は、沖縄の知り合いの病院に勤務することを決意・・
一時、この場所での閉院を決めていました。

確かに、今の状況で私もすべて、器械などがだめになり、一から出直しとなると・・
そんな決断をするかもしれません。

当時高校3年生の私は、高校の寮にいました。
理系選択ではありましたが、医者になるかどうかは、まだ決めかねている状態でした。

道は寸断され、東長崎は孤立状態・・水害のため、お盆過ぎまで、東長崎の実家には帰省できませんでした。

家に帰ると、家族会議があり、今からどうするか・・と言う話でした。

うちの母は、やはり自分でこの家を守ってきたという思い入れが強く、「お父さんが沖縄に行くのはいいけど、自分はここに残る」と言いました。
その言葉に、並々ならぬ執着心を感じた私は、「とりあえず、理系におるし、医学部ばめざしてみるけん、沖縄に行くのはいいけど、産婦人科をするかどうかはわからんけど、もし医者になって、ここに帰ってきたいときに箱ものがあったほうがいいけん、ここは残しとって・・」と言ったのを、今も鮮明に覚えています。・・とそのとき初めて医学部に行く決意をしました。この言葉をはいた自分への責任感が、いまでもずっしりとのしかかっています。

それを聞いた父は、「それなら、もう少しここでがんばろうか」と、改心したそうです。

しかし、災害義援で、無利子融資・・といっても、それから多額の借金が増えることは事実であり、その苦労、心労は、いかばかりか・・。多額の借金を背負っている今になると、当時の苦労が手に取るようにわかり、大変だったろうと思います。

それから、33年・・・

お父さんに世話になって・・という患者さんが来るたびに、その当時のことを思い出します。
と同時に、親父の意志を継ぎ、どうにか、東長崎の方に恩返ししなければ・・という念に駆られます。

長崎大水害がなければ、医者になっていないかもしれない・・私にとっては、忘れられない、人生の転機となった、大きな事件・・でした。





posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

長崎の定番グルメ?

今日は、患者さんを市民の先生にお世話になりました。
ありがとうございました。
搬送の帰りにお中元を買いにきってきました。
昼は、松乃屋のうどん、帰りに夕月のカレーを食べました。レストラン
長崎の定番・・?
これに、吉宗が加われば・・わたしの大好きな、大変な外食のご馳走です。わーい(嬉しい顔)
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 16:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

誕生日

本日、めでたく、51回目の誕生日を迎えました。

facebook上では、たくさんの方にお祝いコメントいただきありがとうございました。

すでに、初老になっておりますが・・

まだ、体は元気なので、もう少し頑張ります。わーい(嬉しい顔)

よろしくお願いします。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

絶品ミルクレープ

DCIM0290.jpg

昨日は、うちの長男の誕生日でした。おめでとう!ぴかぴか(新しい)

厨房の山口さんが、うちの息子のためにミルクレープを作ってくれました。バースデー

これが・・・絶品!

私が食べたスイーツのなかでも、ベスト3には絶対ランクされます。

それくらい、本当に美味しいです。

以前1回だけ食べたことがあります。うちのスタッフでさえ、まだ食べたことない人もかなりいます。

本当にレアもので、患者さんにも・・でることがあります。ただし、毎回作っているわけではないので、運がよければ当たります。

ちなみに、彼女が作るシフォンケーキも、かなりおいしいです。

山口さん・・ありがとう!
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 09:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

矢上小学校運動会

DCIM0288.jpg

今日はどこも運動会のようでしたねぇ・・

私も、次男が6年生、最後の運動会だったので、見に行きました。

緊張なのか、本当に病気だったのか・・
次男、朝から嘔吐と下痢あり・・

昼食のときも、ずっと寝てました。

午後からは、自分で志願した応援合戦の旗振り・・大役でした。
「稔、できると?」と聞くと、「できる!」というので、「がんばれ!」と送り出しました。

たぶん、体力的にはいっぱい、いっぱいのはずでしたが、責任感のみで、立派に旗振って、応援団の周りを2周、旗をもって、走り回っていました。

最後は、恒例の組体操・・

組体操は、最近事故があったとのことで、取りやめになっている学校も多いようですが・・

矢上小学校は、伝統の長崎をモチーフにした、波、建造物、平和の象徴・・などを最高学年が表現するものです。
体調が悪い次男は、本当にできるのか?心配でしたが、「自分が休むと迷惑がかかる」と言って、気力を振り絞って、一生懸命、土台になり、人を支え・・がんばっていました。
ちょっと・・感動しました。もうやだ〜(悲しい顔)

組体操は賛否あると思いますが、自分の役割、人との協調を自覚させる意味でも、有意義なものだと・・私的には思いました。

いつも頼りなく、甘えん坊の次男ですが・・今日は少し根性みせて、ちょっと見直しました。
やればできる!お疲れ様・・今日はいいものたべていいよ!わーい(嬉しい顔)
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

松岡修三さんの応援・・笑

http://mobile.suntory.co.jp/softdrink/cclemon/song/8.html

松岡修三さんに、「いけちゃん」で応援してもらいました。るんるん

もっと積極的に・・だそうです。ふらふら

でも、本当に熱い!

笑ってしまいました。わーい(嬉しい顔)
流行りそうな・・雰囲気です。

ちなみに、ゆうちゃんは・・こちら
http://mobile.suntory.co.jp/softdrink/cclemon/song/93.htmlわーい(嬉しい顔)

posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

同級生の開院祝い

11138628_804112249669088_6798981402435724427_n.jpg

昨日は、同級生が中央橋で脳神経外科を開院するので、高校の同級生とともに、内覧会と開院祝いの会に、家内と一緒に行ってきました。このために遠くは、千葉、静岡から、たくさんの高校の同級生が来崎しました。


開業のホームページは、下記です。
http://www.saino-ns.com/index.html

今日は、開院祝いのゴルフコンペを、同級生としてきました。

自分も開業して、大変なので、苦労がよくわかります。
また、開院当初の苦労が、思い出されました。

開業、大変でしょうが、がんばってほしいです。

私も患者さんでお世話になることと思いますが、今後ともよろしくお願いします。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

風に立つライオン

DCIM0268.jpg DCIM0269.jpg

昨日、映画「風に立つライオン」を見てきました。

長崎大学熱帯医学研究所の医師、柴田紘一郎先生の実話に基づく話を、さだまさしさんが物語として、仕立てたものだそうです。

物語的な感動はさほどでもなかったのですが・・

少年兵・ンドゥングが、医師の熱意、看護により銃を聴診器に持ち替え、医師を目指し、さらにお世話になった日本医師の意をついで、震災の被害にあった土地を訪れ、恩返しをしようとする・・
この時にでてくる「9人の命を奪ったのなら、一生をかけて10人の命を救いなさい」
教育とは、すごい影響を持つものですが、人の人生には、いくつかのターニングポイントがあり、その時にどういう人に出会ったか・・それが、その人の一生を左右するものだと、改めて感じました。

この少年が、人の命を奪う立場から、人の命を救う立場へ立ち位置を変える・・それができれば素晴らしいことです。

私も一介の開業産婦人科医ですが・・
野球選手や、サッカー選手をみて、将来は有名な選手になりたい・・と子供が目標にすることはよくあります・・が、医師という職業は、確かに人の命を救いたい・・と目指す人はいると思いますが、単に職として安定しているから、とか、学力が優秀だから・・とか、それも一つのきっかけですが、そういう人もいるでしょう。

お産をつつがなく終わる、無事に出産のお手伝いをする・・ことが確かに私たち開業産婦人科医の使命ではあるのですが・・
本当にたまにですが、私がお母さんのおなかをメジャーで測る姿をみて、「この子が先生の真似をして、私のおなかを測ってくれるんですよ・・」と言われると、なんかうれしい気がします。
助産師さんが必死でお母さんとがんばってる姿をみて、「この子は、赤ちゃんに携わる仕事がしたいといってるんですよ。まだ小学生だけど、将来そうなったら、ここで働かせてもらえますか?」とか言われると、本当にうれしいです。

少年兵士の彼が、医師を目指したごとく、私たちの仕事を見て、ひとりでも多くの子供たちが、周産期の仕事に携わりたい・・と思ってくれることが、私が医業をしているもう一つの目標でもあります。

人を育てるのは難しいことで、スポーツ選手のように、華々しい活躍はできませんが、自分のやっていることに、一人でも共感してくれる子供がいれば、ほんとに医師冥利に尽きます。

そういった思いを描きながら、この映画を見ていました。

自分ができることを、精一杯することが・・今自分にできることではないかと・・。

ちなみに、うちの娘が高校生エキストラででてるかも?と思ってみてきましたが、全くわかりませんでした。エンドロールには、「長崎県のエキストラのみなさん」でくくられてました。笑
また、長崎のエキストラのおじさん、おばさんの会話が・・あまりにもリアル・あるあるで、思わず笑ってしまいました。

風に立つライオン・・は無理ですが、風に立つどら猫・・くらいを目標に、がんばります。笑

posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

安定期・・とは?



森三中・大島、妊娠を生報告「安定期まで本当にいるのかなと…」


森三中・大島さん。ご懐妊おめでとうございます。

ただ、この安定期・・という表現は、私的にはよくない・・と思います。

一般の方は、安定期=なんでもしていい時期・・と勘違いされます。

仕事、旅行、性交・・などなど・・

なんで安定期・・と言う言葉になるかというと・・(たぶん、産婦人科の先生は使わないと思いますが・・)
妊娠初期は、赤ちゃんを自分のものと認識できるまでは、それを排除しようと体が反応します。
だから、出血があったり、おなかの痛みがあったり、つわりがあったり・・これは、すべてそれに起因するものです。

妊娠4か月になると、お母さんが赤ちゃんを自分のものだ・・と妊娠できるようになるので、それらの症状がなくなります。それを、一般の方は“安定期”と呼ぶのですが・・

子宮は大きくなり、体重も増加し、妊娠により体は、普段以上に負荷がかかります。
なので、旅行や過度の労働は、おなかが張りやすかったり、出血したり、ひいては、流産、早産が起こってしまいます。

残念ながら、妊娠中はお母さんの体は、常に不安定な状態なのです。(貧血などもなりやすくなります)

だから、“安定期”という言葉は、不要な安心感と誤解を与える言葉なので、私的には、感心できません。
決して、なんでも許される時期ではないのです。
かといって、ずっと家で安静にしておけばいい・・というわけでもありません。
普段通りの生活は、出血、おなかの痛みがなければ、問題ありません。
問題は、その言葉に騙される、“過度”の行動・・に問題があるのです。

大島さんの無事なご出産を願ってやみません。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 12:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

広島カープ・黒田投手・・という男

yahooニュースに以下の記事を見ました。

災害復興・・と、人は口ではいろいろ言いますが・・

黒田選手は、本当にすごい。いち早く現場をみて、彼は大阪の出身ですが、自分が育ててもらった、広島の地や人を本当に愛しています。
普通の人にはできません・・
この行動こそが、本当の復興支援となり、一番の大切なことだと思います。
彼の思いが、広島の人に伝わればいい・・と思います。

広島に復帰した黒田選手。
本当にすごい・・選手なのだ・・。
広島は、長崎出身の選手もいるし・・応援しますよぉ!
素晴らしい!

以下引用記事です。


黒田「21億円捨て広島復帰」決めた広島土砂災害の現場

「わしは野球には興味がないけぇ、サッカーファンなんよ。じゃけぇ、地元テレビ局の人と一緒に“彼”が来てくれたときも、体の大きな無口なカメラマンじゃあ思おとった。でリラックスさせるために言うたんよ、『あんた、テレビで見たことあるよ』と。でも、黙って頷くだけじゃった(笑)」

 昨年10月25日、広島市の土砂災害で被災した安佐南区緑井8丁目に住む野間茂氏(68)は、駆けつけてくれたボランティアの人たちとともに半壊した自宅の片付けに追われていた。休憩時間に彼らを自宅に招き入れ、被災当時の写真を見せていた。そんなとき、冒頭の2人が訪ねてきた。その“体の大きなカメラマン”こそ、8年ぶりの広島復帰を決意した黒田博樹(39)だった。

「しばらくすると、みんながざわつきだして『ウソっ?黒田さん?』と気づき始めたんよ。もうビックリじゃ。皆が喜んで彼を取り囲むようじゃった。忘れられんのは、若い女性が『今年もアメリカで頑張りましたね』と言うたんよ。そしたら寡黙だった彼が、人一倍大きな声で、『いえ、本当に頑張っておられるのは、あなた方です!』と言うたんよ。もう、どんだけすごい人じゃろうか」

 年俸約21億円を蹴って、4億円の広島復帰に米メディアは「クレイジー!なぜ?」と報じた。だが、交渉を続けてきた鈴木清明球団本部長は、復帰の理由を「ファンへの使命感」と話した。もっとも長く取材を続けてきた地元テレビ関係者は「理由はひとつだけではない」としながらこう語った。

「日本に帰るなら、最後は広島でとの思い。監督が緒方孝市に替わったことなど理由はさまざま。このオフには3回も交渉しとる。それまで複数回交渉することはなかったんじゃ。じゃけぇ、黒田のなかで変化があったことは事実じゃろう。最後の最後に後押ししたんは、本気になった球団の誠意もあるけど、直接ファンの声や被災地の現状を見たことが大きいじゃろうね。あいつはそういう男よ」

 野間氏は’70年代半ばに戦時下のベトナムを訪れ、難民キャンプで奉仕活動をした経験を持つ。

「作業いうんは、ホント大変なんよ。とくに土砂の撤去はね。若い子が顔を真っ赤にしながら、倒れる寸前まで頑張ってくれとったんよ。無駄口叩かんし、ピ〜ンと張りつめたなかでね。でもね、黒田さんが来てくれてからは、えらいつらい作業もみんな、笑顔でこなしていくんよね。ボランティアいうんはいろいろな形があるけど、やっぱりすごい人いうんは、もうそこにおるだけで周りの人を力づけるんじゃね」

 大好きだった街が無残にも破壊された光景に言葉を失い、立ちすくんだ黒田。その後にやってきた被災者やボランティアの人たちとのふれあい。なによりも義を大切にする男の心の中を想像するのは難しくない。

 今年、広島は被曝から70年、’75年の初優勝から40年の節目の年を迎える。「苦しいときに喜びを与えられるなら最高のモチベーションになる」。自らの言葉を地でいく決断だ。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

長崎大学産婦人科バスケット部・delivery's 祝!男女アベック優勝!

376626_409198589142862_2038731172_n[1].jpg
これは、13年前、まだ産婦人科に在局当時に、長崎大学医学部の医局対抗バスケット大会(通称、宮崎杯)で優勝した時の写真です。
この時、長女が3歳、長男は0歳でした。

月日は流れて・・・
H24 11月20日、delivery'sは、13年ぶりに見事、Eリーグと女子部で優勝を果たしました。
deliveryとは、分娩・・という意味で、産婦人科バスケ部のチーム名です。
DCIM0235.jpg  DCIM0234.jpg
Eリーグ 決勝スコア 32対5(vs.いちげか)
女子部  決勝スコア 16対8
でした。
DCIM0233.jpg  DCIM0232.jpg

私は、一回目の優勝当時は、まだ30代でしたが、すでに50歳になりました。
50歳以上の人は、点を入れたら特別に加点してほしい・・と本部に懇願しましたが・・そういうチームはほかにないので・・と無碍に断られました。俺って、今回参加している最年長?がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)
今回はするつもりは全くなかったのですが、主力が怪我とのことで、急遽今日になって、オファーが来ました。

50歳にもなって、するスポーツではないと・・重々承知でしたが・・

友人の教授就任祝いとも重なっていて、講演が終わったところで、いてもたってもいられず、大変申し訳なかったのですが、中座して、試合に行かせてもらいました。

久しぶりの準決勝、決勝とのことで・・新しいバッシュをさげていきました。

準決は、10分くらいでました。シュート2本うちましたが・・惜しくも入らず・・。

決勝は、引退最後の舞台と思い、最後の2分で出してもらえるように、お願いしました。
シュート2本うちましたが、これも入らず・・

しかし、最後にコートに立てていたことで、とてもうれしく感じました。

やはり決勝の舞台は、いいものです。

もともと、数年前から、バスケの試合は、年不相応のため、やめたいと、ずっと思っていましたが、2年前の準決で、チームで一緒にしてくれていた女子が、うずくまるくらい泣いて、それをみて、本当に申し訳ない・・と思い、できれば優勝できるときには、参加したいと思っていました。今日は、その子も来ていて、一緒に喜んでくれました。なんか、今まで2年間の思いが晴れた気がしました。
その時の写真
542618_435126096550111_1193947068_n - コピー.jpg  231122_435126073216780_724020907_n - コピー.jpg
そのときのFB上での私のコメント・・
「でも、来年は49ばい。きょうは腰も痛かし、・・本当に、昨日試合中に、3回、ゲロったとって。家に帰っても、食事は流動食やったばい・・。苦笑、しかも、あげん、真剣にしよらすとに・・おいが、あのはじめのシュートばいれとけば・・、ノーマークのロングパスも、うまくいっとけば、あの4番の子がいれてくれとった・・はず・・っておもうたら、もう限界たいねぇ。(・∀・)靴ものうなったし・・」

この悔しさが、今回までのモチベーションでした。

それから、苦節2年・・・やっと、優勝にたどり着きました。

今回、自分的には、すでにさらに、いっぱい、いっぱいで、ほとんど足手まといの感は否めません。

たぶん、これが、自分がでる最後のバスケの試合の優勝だと思いますが、この年で、最後にコートに立てて、優勝を味わえて、非常にうれしかったです。出ていたみんな、応援していただいた皆さんに感謝です。

ちなみに、今日していったネクタイは、大学時のバスケの時には、必ずして行っていた、スクールカラー緑のレジメンタイでした。(大学のオフィシャルのものではないですが・・自分的に縁起を担いでいたものです・・)

delivery's 万歳!わーい(嬉しい顔)

DCIM0229.jpg

最後に、バスケ部、浜口先生のお言葉!
「私たち、delivery'sには、栄光の歴史がある!手(チョキ)


posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

結婚式

DCIM0224.jpg DCIM0226.jpg DCIM0227.jpg

昨日はうちの職員の結婚式でした。

うちの職員総出で出席してきました。

柄にもなく、来賓あいさつで、前日より、胃の痛みが最高潮に・・ふらふら

ウェディングドレスが、大変似合っていました。

気遣いのある、心のこもった式でした。

末永く、お幸せに・・ハートたち(複数ハート)
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 18:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

矢上くんち

DCIM0210.jpg  DCIM0212.jpg  DCIM0214.jpg  踊り隊の皆様

DCIM0218.jpg  DCIM0216.jpg  DCIM0220.jpg 
蠣道浮立

DCIM0221.jpg  DCIM0222.jpg  DCIM0223.jpg
間の瀬浮立と猿狂言

今日は、矢上くんちの日です。

毎年10月17日に行われる、矢上神社の大祭です。

奉納踊りの後、庭先回りに来ていただきました。

今年は、間の瀬と蠣道が踊り町で、それぞれに特徴のある浮立でした。

秋晴れのもと・・お母さんたちは大変なようです。お疲れ様です。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

長崎くんち

今日は、台風一過の素晴らしい秋晴れです。

早いもので、今年もこの季節となりました。

長崎諏訪神社 秋の大祭・長崎くんちの前日です。

今年は長崎くんち開始から380年目の年だそうです。

この日になると、何となくそわそわしますねぇ。

今年の踊り町、出し物は以下。

詳しくはこちらから・・http://nagasaki-kunchi.com/



平成26年(踊町・演し物は確定)

興善町 傘鉾・本踊〔石橋〕(ほんおどり しゃっきょう)
八幡町 傘鉾・山伏道中(やまぶしどうちゅう)・剣舞(けんぶ)・弓矢八幡祝い船(ゆみやはちまんいわいぶね)
万才町 傘鉾・本踊(ほんおどり)
銀屋町 傘鉾・鯱太鼓(しゃちだいこ)
五嶋町 傘鉾・龍踊(じゃおどり)
麹屋町 傘鉾・川船(かわふね)
西M町 傘鉾・龍船(じゃぶね)
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

錦織選手・全米オープンテニス・祝準優勝


錦織選手、本当に残念です。千載一遇のチャンスだっただけに・・
このコメントが、日本人的で、すべてなのでしょう。
やはり、一番になるのは・・本当に難しいことです。
今回の結果は、十分賞賛に値するのですが、世界的歴史に名を残す・・とすれば、一番と二番では、大きな差があることも事実・・その意味では、本当に残念で、大きなチャンスを逃したといえます。
しかし、勝負は時の運、このレベルの選手が、数十人しのぎを削っているわけだから、実力は上位でも、勝てるかどうかは、そのときの(メンタルコンディションも含めた)運しだいとも言えます。逆に、次にこのチャンスが巡ってくるのも、そう多くないようにも思えます。
ただ、実力が付いたのも十分に示しましたし、本人がいうように、勝てない相手はいなくなったとも言えます。
あとは、怪我することなく、捲土重来を期してもらいたい・・そう思います。
これだけ、大変な偉業なのだから、ここまでみんなが騒ぐのはしかたないことで、それをはねのけるのが、プロといえるのでしょうが・・、シリッチ選手との大きな違いは、技術云々ではなく、彼にかかる、期待の大きさの重圧・・だったのかもしれません。
本当にお疲れ様、ありがとうございました。そして、準優勝・おめでとうございます。
今後の活躍を願うばかり・・です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140909-00000086-spnannex-spo

それにつけても、国枝選手、上地選手は、本当にすごい・・彼らの偉業がいかにすごいか・・その凄さが、際立った・・とも言えます。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする