2021年01月17日

2020年当院分娩統計

2020年の当院の分娩実績

経腟分娩 86%
帝王切開術 14%
  予定帝王切開術 11% (前回帝王切開術 7例、骨盤位2例、妊娠高血圧症1例)
  緊急帝王切開術 3% (胎児心音異常 1例、分娩遷延1例、前回帝切の陣痛発来1例)

分娩体位
  側臥位 44.5%
  仰臥位 55.5%

会陰切開 5例(6%)
縫合なし 36.7%

早産 2例 

新生児合併症
  臍帯巻絡 26%、光線療法4例、聴力検査異常2例(神田耳鼻科紹介)、心雑音5例(宮副小児科紹介)

母体搬送 1例 34週破水1例(国立長崎医療センター)

産科合併症紹介
  双胎1例(国立長崎医療センター)
  前置胎盤1例、子宮内胎児発育遅延1例(長崎大学)
  胞状奇胎疑い1例(済生会長崎病院)

35歳以上 24例(26%) うち初産4例

無痛分娩処置 2例

里帰りおよび紹介例 24例
他院紹介例 8例

当院で2回以上の分娩例 38例


【総括】
数年前から、少子化によるものか?分娩数の減少は顕著で、さらにコロナウィルス感染の影響もあり、里帰りを控えられた例も少なからずあり、昨年も分娩数はわずかながら減少してしまいました。
全国あるいは長崎全体をみても、出生数の減少は予想以上に減少しており、産科領域のみならず、これから先の経済・税金・年金などの社会生活に対する直接的な影響も考えると、少子化対策は喫緊の課題であると言えます。

周産期管理に関しては、昨年は、当院の帝切率が10%を超えてしまいました。帝王切開をするのが悪いことではないのですが、当然必要であるので、せざるを得ないのですが、できれば、10%を切ることを目標に、管理していきたいと思っています。

聴力検査異常の症例、あるいは心雑音の症例は、すべて耳鼻科、小児科の先生にお世話になり、積極的な治療を必要とせず、経過観察していただいています。紹介先の先生方には、大変感謝しております。

搬送の1例は、里帰り分娩で2週間の自宅待機中に破水となり、当院初診後すぐに搬送させていただいた症例です。
当院での早産例は、血圧上昇が顕著で、早期に帝王切開による分娩を選択した症例が1例、36週陣痛発来例が1例でした。

少子化とともに近年、35歳以上のいわゆる「高齢出産」の方が増えており、当院では、4分娩に1例以上が、35歳以上の方の分娩でした。今や、35歳以上の方分娩は、珍しくなくなりなした。しかし、35歳以上の初産例の4例のうち2例は、胎児心音異常をきたした症例でした。やはり、35歳以上の特に初産の妊娠・分娩は、中等度から高度リスクとしてとらえる必要があるようです。

昨年も当院でお産された方が、38人も再度当院での分娩をされました。本当にありがたいことです。
当院に再度帰ってきていただけることは、私にとっても、スタッフにとっても大変励みになります。

少ない症例なので、統計として信用性にたるものかは疑問ですが、産科管理としても、患者さんにとっても、満足できる妊娠・分娩・育児を目指して、今年も精進していきたいと思います。

最後に、紹介をさせていただいた基幹病院の先生方、当院に御紹介いただいた紹介元の先生には、深く感謝申し上げます。また、当院のスタッフにも感謝いたします。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 13:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: