2019年09月25日

母乳の質と量を上げる”モリンガ”とは?

72069901_2350760211828789_8505011255923179520_n - コピー.jpg

モリンガとは、北インド原産ワサビ科の植物で、ミラクルツリー(奇跡の木)とも呼ばれ、とてもバランスのとれた栄養素を含んでいる樹木です。

モリンガの種、幹、枝、葉、花、根、すべての部分に利用価値が高く、特に良いとされる栄養素が90種類にも及び、そして300種類もの効能効果が確認されていると言われます。
特にビタミン類(ビタミンA、B1、B2、C、E)や亜鉛、 カルシウムやカリウム、リン、食物繊維や必須アミノ酸であるリジンやフェニルアラニン、ロイシン、スレオニン、バリンなどを非常に多く含有しています。
この必須アミノ酸は食品からまんべんなく摂取する必要があり、モリンガでバランスよく摂取することができます。

当院では、近くにある「かつき整骨院」の御紹介で、最近、モリンガを使ったデザートを厨房の方が作って、妊婦さん、褥婦さんに提供しています。

当院で作っているモリンガのスイーツを、「かつき整骨院」のフェースブックに御紹介いただきました。
https://www.facebook.com/%E3%81%8B%E3%81%A4%E3%81%8D%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-Aroma-Luna-1419911441624582/

モリンガには、母乳の質と量を上げてくれる効果があるそうです。

イベントの際にも、お出しすることがあるので、当院にお越しの際は、ぜひお試しください。

posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 15:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: