2019年08月13日

中学時代のバスケ部の仲間

お盆前になり、帰省されている方も多いと思います。

昨日、中学時代のバスケ部の仲間、15人、恩師の先生1人とお会いしました。

私のこれまでの生活は、究極的には、「バスケットボール」と「産婦人科」の2つの言葉に収束します。

その一番初めの礎を作ってもらったのが、昨日会った中学バスケット部の仲間です。

なので、彼ら、彼女らには、いつも感謝の念が絶えません。

昔に帰った気にもなりますし、素の自分をだせる、腹を割って話せる仲間でもあります。

いまや、この年になると、みなさんそれなりの地位につかれているわけですが、一つもおごることなく、普通に話ができるのが、とても新鮮でした。

先生にも、当時の裏事情、今の教育や社会情勢など、大変驚きの事実や勉強なることを、いろいろお伺いし、まあ、昭和の人たちばかりなので、集まると、現代の愚痴になるのですが、思いを共有できて、大変いいお話がたくさんできました。

まだ健康を語る年代ではなさそうでしたが、次に会うときは、健康や孫の話になるのでしょうかね?

参加してくださった皆様方に感謝します。ありがとうございました。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: