2018年07月23日

あれから36年

今日11時ころ、サイレンがなった。

長崎大水害から36年がたつ。

最近の水害の被災地域の映像をみると、いつもあの時の記憶がよみがえってくる。

サイレンが鳴ったとき、ちょうど妊婦さんのエコー中だったのであるが、「長崎の水害、知らんよね?」と聞くと、当然のごとく「知りません」の答え。

36年も経つのだから、妊婦さんのほとんどが知る由もない。

ただ、自分的には、昨日のことのように鮮明に覚えている。

その時代錯誤のギャップに、不思議な感覚を覚える。

診療中であったが、心の中での黙祷はした。

あの悲惨な光景が、今やどこにである日常の風景、いやそれ以上に整備された町に変わったうちの近隣

被災された地域の方には、お見舞いを申し上げるとともに、早期の復興を願うばかりである。

うちも、親がさすがに精神的に参って、やめよう・・とした時期でもあったが、同時に私が医師を志すきっかきになった、ターニングポイントの出来事でもあった。

この暑い季節、サイレンを聞くと、その時を思い出す・・一日である。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 11:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: