2020年08月24日

お産日記−陣痛−

陣痛が想像を絶するほど痛いのは、想像に難くありません。

私は男性の産科医のなので、数多くの分娩には立ち合いましたが、陣痛を経験したことはありません。

最近では、陣痛を体験する器械があるそうですが、たぶん陣痛を経験すれば、このように冷静にはいられないのではないか?そんな気がします。

妊婦さんの声が大きくなっていくたびに、「どうにかしてあげたい」と思うのですが、がんばれ・・とは思っても、陣痛を肩代わりしてあげることはできません。

ただ、その間、どこで無痛にしようか?とか、ドクターストップかけようか・・いつもそのことを考えています。それは、赤ちゃんの状態も同じこと。お産はその葛藤の繰り返し・・と言っても過言ではありません。

しかし、妊婦さんにもがんばってもらっているのだから、最良の結果で返したい。陣痛の痛かった見返りは、お産後の満足としてお返ししたい・・いつもそう思っています。

妊婦さんが、陣痛を耐えている間中、ここで帝王切開したら、本人も私自身も楽になるのに・・そう思うことも珍しくありませんが、今後の分娩時間予測、赤ちゃんの状態、今後予想されるお産後の状況(術後や次回の帝切のリスクなど)を考えた場合、今をどうにか乗り切れば、それ以上のメリットになって還ってくると思われるのであれば、そこは、じっと我慢する・・一時的な感情に流されず、たとえ、今恨まれても、冷たく思われても、それが妊婦さんの今後にメリットが大きければ、今はじっと我慢・・と自分に言い聞かせています。

お産が終わって、「切らなくてよかった、本当にありがとうございました」。満足した達成感の笑顔と、この言葉を頂けることが、私が産科医としての至福の時です。

御主人さんと同じ日のお誕生日にご出産、よくがんばっていただきました。本当におめでとうございます。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 16:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

イソジン含嗽液について

https://news.yahoo.co.jp/byline/horimukaikenta/20200804-00191721/
『ポビドンヨードによるうがいは新型コロナを改善させる』は本当か?医師が解説

昨日大阪府知事より、「イソジン含嗽液でうがいすると、重症化が防げる可能性がある」との声明をうけ、一斉に皆がイソジン含嗽液を買いに走り、実際薬局に問い合わせても品切れ状態が一瞬のうちに出来上がってしまいました。

イソジン(ポピドンヨード)よるうがいの功罪は、上記リンクをご参照ください。

今回の大阪府知事の声明は、もしかすると、将来的には、コロナウィルスに対しての良策とし、認められるのかもしれませんが・・
私も今日の昼、ミヤネヤをみていて、大阪府知事から、コロナの新薬が発表されると聞いて、これはすごいことだ・・とかなり期待していましたが・・、残念ながら、現時点では、まったく科学的根拠がありません。

大阪府知事はいつも理論的で、しかも今回の発表には大阪大学の先生がバックについていたようなので、結構しっかりした理論に基づいたものかと思っていましたが、内容をみると、まず症例数が41例と全く根拠が出せるサンプル数でないこと(統計解析するには不十分なサンプル数であると思います)。またサンプルの選択が適切とは思われないこと。
また、重症化するメカニズムと、イソジンうがいによる咽頭のみでのコロナウィルスの除去(これすらもできるのはあやしいですが・・PCRが陰性化した数が多いとすれば、少しは効果があるのかも?)の関連性に科学的論拠が見いだせないことです。

一般的には、イソジンは甲状腺疾患の人を悪化させるとか、正常な細菌叢を壊すとか・・言われますので、当院では、アズノール含嗽液を処方するようにしていますが、イソジンは以前長く使っていましたが、それで副作用がでた・・というのは全く聞いたことがないので、適切に、甲状腺疾患などの持病がない方がうがいするときの補助薬として使うことについては、私は全く否定するものではありませんし、うがい、手洗い、マスク着用、感染する可能性のある場所へ行くことは極力避ける・・などのことはコロナ感染の予防策としてすべきだと思います。(本文中のように水だけで十分という先生方も多数おられます)

ただ、この、コロナについては、BCGがきくと言えばそれに走り、アビガンがいいといえばそれに走り、今回のようにイソジンがいいといえばすぐ、それに飛びつく・・という人の動揺心理をみごとにとらえ、社会を混乱させる・・ということが良くおこります。
これは、検査につていもしかりです。
この社会的不安を過度に煽ることこそが、今回のコロナウィルス感染症の一番性質が悪いことだと思います。
本当にすべきことと、そうでないこと(することが許容されること)を分けて考える冷静さが必要なのでは、ないでしょうか?

みなさんの不安の気持ち、世の中の動揺は、よくわかりますし、私自身も不安なことはたくさんありますが・・
毎回言いますが「正しく恐れる」ことが重要で、過度になりすぎると、社会混乱をおこし、ひいては医療崩壊の原因になります。

不確定情報はたくさん流れてきますが、耳障りのいい言葉だけに飛びつくのでなく、冷静に吟味し、対処することが重要なことだと思います。

くれぐれも、冷静に行動していただくことを、切に望みます。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 02:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

8月お盆の当院の診療予定

当院お盆の診療予定です。

8月13日(木)9:00-12:30 午後休診
8月14日(金)−8月16日(日)休診
8月17日(月)通常診療

当院受診中の妊婦さん、急患の方はこの限りではありませんので、電話でご相談ください。

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。

池田産科-YOU-婦人科医院
池田裕一郎
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当院夏祭り-模擬旅行-

2020080211290000.jpg長崎港祭り花火
2020080211020000.jpg沖縄
2020080211020001.jpg北海道
2020080211170000.jpg大阪
2020080210220001.jpg

今日は当院の夏祭り・・とは、言っても。いつもは、コンサートや模擬店、イベントなどをするのですが、コロナウィルス感染の影響で、今年は、写真撮影のみとなってしまいました。

イベント開催には、中止も検討しましたが、お産後、しばらくお母さん、赤ちゃんにお会いすることがなかったこと、また、今後もしばらく会う機会がないので、直接お会いすることで、みなさんがお元気であることを確認もできました。

テーマは、「模擬旅行」

この状況で、なかなか旅行も行くことができないので、当院スタッフが、パネルをそれぞれに作成してくれて、沖縄・大阪・北海道・花火のブースを作ってそれぞれに写真撮影。
沖縄に行くなら、今こんな感じかなぁ・と私も、マスク、フェースシールドで、添乗員しました。笑

帰りに当院自慢のシェフが、お菓子をお土産に作ってくれました。

わずか30分足らずのイベントでしたが、少しでも日ごろの子育てのストレス解消になれば・・と思っています。

詳細は当院インスタグラムをご覧ください。(しばらくしたら、更新されると思います)
https://www.instagram.com/ikedasanka.3535/

ご来院ありがとうございました。

posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 10:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする