2020年03月06日

当院の新型コロナウィルスへの対応について

当院における新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の対応について

令和2年3月6日 
池田産科ーYOU−婦人科医院 
池田裕一郎


最近、新型コロナウィルス感染に対して連日報道されております。

本日スタッフ会議で話し合いをもち、当院における同感染症に対する対応を検討しましたので、ご報告いたします。

原則的には、公益社団法人 日本産婦人科医会より発表されている、−新型コロナウィルス感染症(COVID-19)について、妊産婦のみなさまへ−の内容に準拠して対応いたします。

当院では、

1. 感染症の収束までの間、ヨーガ、ベビーマッサージ、離乳食教室などのマタニティーイベントを原則休止します。再開の時は、院内掲示を含め、お知らせします。
ただし、上記イベント開催希望の方は、おっしゃってください。対応を考えたいと思います。
また、バースプランと院長主催の安産会は開催予定します。対象の方には、開催日時をお知らせします。
2. 新型コロナウィルスのPCR検査が保険適応になりますが、当院では、業者委託を含め、検査はいたしません。もし、同感染症が強く疑われる場合(最近海外渡航歴のある方、保菌者との濃厚接触者あるいは、通常の治療で症状が治まらない方など)、あるいは、新型コロナウィルスの検査をご希望される方は、基幹病院あるいは保健所へご紹介いたします。しかし、通常の流行性感冒、あるいはインフルエンザに対する検査、治療はこれまで通りする予定にしております。なお、分娩方法は通常通り原則経腟分娩で行います。
3. 現時点での妊娠中に感染する妊婦さん自身の自覚症状が重くなるという報告はなく、赤ちゃんへの感染も見られたという報告はありませんので、過度にご心配されないようにお願いします。
4. とにもかくにも、予防が重要です。不要不急の外出の自粛、手洗い、うがいなどの感染予防、休養を十分にとるなどの体調の管理など、十分に行ってください。

報道が過熱し、先行しすぎて、ご心配な点も多々おありでしょうが、過度に不安にならないようにお願い申し上げます。

以下、産婦人科医会からの声明の原文です。下記が読みにくい場合は、以下アドレスより、ご覧いただけます。https://www.jaog.or.jp/news/covid-19/

―新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について(5 報)― (下線は第 4 報から改訂・追加した部分です) 1 2020 年 1 月から,中国(湖北省武漢)を中心にコロナウイルスによる肺炎 が流行しています。1 月 31 日 WHO が緊急事態を宣言し、わが国でも 2 月 1 日か ら厳重に取り扱われる指定感染症となっています。 2 妊婦さんは本症に対しては、インフルエンザ予防と同様ですが、特に「人混 みを避ける」、「頻回に手洗い・消毒(アルコール等)」、また、マスク着用などを 励行してください。妊婦健診の間隔や両親学級の参加など、さらに心配なことは かかりつけの産婦人科の先生にご相談ください。(下記情報・問い合わせ先等参 照) ◆参考◆ 国民の皆様へのメッセージ(2020 年 2 月 26 日厚生労働省) ○国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人 お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努 めていただくようお願いいたします。 ○次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。 ・風邪の症状や 37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます) ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。 ※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合 センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門 の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関 の利用を避けて受診してください。 なお、 現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状 況であり、 インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、 かかりつ け医等に御相談ください。 【相談後、医療機関にかかるときのお願い】 〇帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してくだ さい。複数の医療機関を受診することはお控えください。 〇医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、 手洗いや 咳エチケット (咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や 鼻をおさえる) の 徹底 をお願いします。 3 症状はかぜ症状と同様で全身倦怠感が強く出ることが報告されています。 発熱が認められないものもあるとされていますが肺炎を発症して重症になって いる例が報告されています。(特に高齢者) ●下記の症状を伴う時には各地域の相談センター(下記問合わせ先)へ電話で相 談するようにしましょう。 ▽かぜの症状や 37 度5分以上の発熱が4日以上(妊婦は 2 日以上)続いている ▽解熱剤を飲み続けなければならない ▽強いだるさや息苦しさがある 4 現時点では、妊娠中に感染すると妊婦さん自身の症状は(妊婦でない方に比 して)重くなるという報告はなく、少数例ではありますが赤ちゃんへの感染はみ られなかったとの報告が中国からありました。(判明次第、情報を追加します) 5 万が一妊婦さんが本症にかかってしまった場合は、専門の医療機関(※)で 治療や分娩管理を行うこともあります。分娩については、帝王切開が多いという 報告が中国からありますが、症状や医療機関の体制によって方針が異なること もあります。 ※現在厚労省では、各都道府県に地域の実情に応じた対応が取れるよう要請しています。 6 感染拡大防止の観点から、不要不急の外出は自粛してください。かかりつけ の医療機関が、新型コロナウイルスを疑う患者の診察を行わない場合もありま すので、感染への不安から相談センターを経ずに医療機関を直接受診すること はお控えください。 7 感染は飛沫感染(咳、くしゃみ、つば)接触感染(手すり、ドアノブなどか らも含めて)で感染するとされており、潜伏期(うつってから発症するまで)は 1日から 12.5 日(多くは5から6日)と報告されています。またこの潜伏期で も(他人にうつしてしまう)感染力があることが示されていますので注意が必要 です。 8 今後の国内での発症(流行)の状況は厚生労働省ホームページ、報道等で十 分注意して情報を得てください。 ■今後さらに新たな情報を追加していく予定です。 ■情報(問い合わせ先)等 ・各地元の保健所、都道府県の相談センター等の一覧; https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19- kikokusyasessyokusya.html ・新型コロナウイルスに関する Q&A(一般の方向け:厚生労働省) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_ 00001.html ・厚生労働省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ホームページ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html ・日本産婦人科感染症学会: 妊娠中ならびに妊娠を希望される方へ http://jsidog.kenkyuukai.jp/images/sys/information/20200227153639- BFC8009DD4854CEC734AE424C9925DA97D35B5BDC8E264BF7FD5676C3032E9C6.pdf
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする