2019年12月30日

本年もありがとうございました。

2019123017550000.jpg

本日で、今年の当院の外来は終了しました。

今年も、無事に診療を終えることができました。

御来院頂いた患者さん、当院スタッフ、基幹病院の先生、スタッフの方々、開業の先生方、関連業者の方、友人そしてうちの家族に、今年も大変お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。

この場を借りて、御礼申し上げます。

しかしながら、今年は、令和となって、初めての年ではありましたが、私にとっては、あまりにも悲しすぎる出来事が多い年になってしまいました。

また少子化の流れもあり、お産の数も減少の一途です。

来年は、明るい話題がたくさんありますように願うばかりです。

来年は皆様にとりまして、良い年になりますように願っております。

今年も1年ありがとうございました。

来年もよろしくお願い申し上げます。

池田産科-YOU-婦人科医院
池田裕一郎



posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

新生児蘇生講習会

2019122614010000.jpg

本日、当院で、長崎みなとメディカルセンター新生児科 平川先生、長崎大学 江藤先生、松井先生をお迎えして、当院スタッフを対象に、新生児蘇生講習会をしていただきました。

2019122615530000.jpg 2019122616010000.jpg 2019122616340000.jpg 2019122616340001.jpg DSC04064.JPG DSC04054.JPG

分娩室でのシュミレーションもしてただき、大変勉強になり、有意義な会でした。

会が終わって、1時間半ほど、雑談しました。それも大変面白く、まだまだ話足りないくらいでした。

長くお引止めして、申し訳ありませんでした。

また、機会があれば、ぜひお願いします。

また、先生方のお考えとして、数多くの長崎の周産期施設の方々に、新生児蘇生を広めたいとのことで、声をかけてくださいとのことでした。
もし、ご希望がある方は、前述の先生方に申込みしていただければ、臨機応変に対応していただけるとのことでした。

ご興味ある方は是非ご相談されてください。

できれば、この講習会の知識が発揮されないことがいいのですが、妊娠・分娩は何が起こるかわからないので、不足の事態に備え、日々研鑽することが必要だと感じました。

講師の先生方には、感謝しかありません。本当にありがとうございました。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 19:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

長崎県周産期システム”すくすく”導入

明日より、当院では、長崎県周産期システム“すくすく”を導入、稼働することになりました。

不慣れで、同意書を頂く必要などがあり、お手数おかけすることになると思いますが、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

当院年末・年始の予定

クリスマス会も終わり、いよいよ年の瀬を迎えます。

下記は、当院の年末・年始の予定です。

通常の診療時間とは、一部変更しておりますので、お間違えないようにお願いいたします。

12月28日(土) 9:00-12:30 午後休診
12月19日(日) 休診
12月30日(月) 9:00-12:00 午後休診
12月31日(火)− 1月3日(金) 休診
1月4日(土) 通常診療 9:00-12:30 14:00-16:00


当院に通院中の妊婦さんおよび緊急の患者さんについては、この限りではありませんので、電話にてご相談ください。

宜しくお願いいたします。

池田産科−YOU−婦人科医院
池田裕一郎
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当院クリスマス会

2019120812130000.jpg  2019120811160001.jpg  2019120810310000.jpg  2019120811160000.jpg  

今日は、毎年恒例の当院クリスマス会のでした。

今年は、ピアノ演奏と二胡のアンサンブルでした。

ピアノ演奏していただいている、馬川さんは、当院でお産された方で、そのご子息はもう10歳になりました。

ピアノとピアニカで、息子さんと「銀河鉄道999」を演奏していただきました。
子供さんの成長とともに、完璧な演奏で、ほほえましく、またうれしく思いました。

二胡演奏のシシ―・チーさんも娘さんと「きらきらぼし」の演奏をしていただきました。
二胡の音色は、心和むものがありますね。

どちらのご家族も、息子・娘さんとの演奏で、今回のクリスマス会のテーマが「家族」だったので、家族で楽しむこと機会を作ることができ、本当によかったと思っています。

またスタッフも、今年はインスタ映えする、キティ―ちゃんとトトロのコラボケーキを作ってくれました。
見栄えも味も、大変良くできていました。

参加してくただいたご家族の方、本当にありがとうございました。いいクリスマス・お年をお迎えください。

休みにもかかわらず、ご協力いただいた当院スタッフ・ご家族の方々にも、心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。

会の模様は、当院インスタグラムでもご紹介していますので、よろしければご覧ください。
https://www.instagram.com/ikedasanka.3535/
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

素晴らしい先輩産婦人科医

昨日、産婦人科医会の忘年会があった。その時に同席させていただいた、先輩の女性の先生。本当に診療に対して、真摯な態度で向き合われてる先生だというのは、昔から知っていたのですが・・。
私は、周産期の人間、その先生は、内分泌を専門にされている先生。どちらも、腫瘍を専門にしているわけではないのですが・・。
以前、入局当時から、「異常と思われる細胞診は、自分で再度確認するように。」それが、うちの医局のルールでした。それは、腫瘍を専門にする、しないに拘らずです。少なくとも私は、そう教育されてきました。
が、最近では、業者に細胞診を依頼することにしているし、異常があれば、基幹病院の先生に御紹介するので、細胞診を自分でみることは、ほとんどなくなりました。(よほど、気になる症例か、納得がいかない症例は、みるようにしていますが・・)
その先生は、今でも、在局当初のように、紹介する、しないにかかわらず、自分で細胞診を見られているそうです。専門外だから、みてもわからないだろうから、専門医に紹介すればいい・・という考え方はあると思います。しかし、やはり、一見面倒で無意味かもしれませんが、その姿勢が大切なのだと痛感しました。それが、自分の診療に対して、責任をもつ、ということかと・・。
また、他の生殖内分泌を専門にしている先生は、この2年前から、遺伝学の勉強を本格的にはじめ、カウンセラーの資格をとるべく、猛勉強し、2sも体重が減ったそうです。この年になって、新たなことを1から勉強し始める、しかも試験を受ける・・頭が下がります。
他方、お産は、産婦人科医であれば、誰でもできるので、腫瘍や今最先端の生殖医学をすべき、という先生もおられました。
周産期をしている人間としては、お産は確かに、9割方、どういう管理をしてもうまくいきますが、お産を無事にできたことと、妊娠、分娩を管理することには、大きな違いがあると思うのです。そういう先生方は、お産はどこでしても一緒だから・・と思っておられるとは思いますが(それが悪いとは言いませんが)、私自身の考えとしては、妊娠・分娩は、妊娠中10か月間、そして、産褥1か月までは、少なくとも周産期に携わる者の仕事で、それを継続的に、総合的に、身体のことはもとより、家庭環境、その方の精神状態などを、把握、評価して、マネージメントをする必要があり、ゆえに、理想的には、病院を代わることなく、一つの統一された管理方針で、妊娠・分娩・産褥をやり遂げることが、必要だと思うのです。やはり、同じ産婦人科医であっても、産科医と婦人科医の考え方には違いがあるのだ・・ということを痛感しました。
一見無駄なことのように思えることも、医師として、必要な姿勢、考え方はあるのではないか?そう思える、出来事でした。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする