2019年11月25日

追悼記 その2

昨日、同級生の逝去に際し、まだ、気持ちの整理がつかないのもあるが、自分も思うところがたくさんある。

逝去した、2人の優秀な医師に、聞いてみたいことがある。

それは、死ぬ間際に何を考えたのか?死んだあとはどのような世界が待っているのか?ということだ。

これだけは、いくら医者をしているからといって、絶対わかりえないことである。

もう辛いから、早く楽になりたい・・のか、それとも、まだまだ、家族、友人と過ごす時間をほしいのか?、はたまた、やり残したことはあるのか?

自分は男性だから、陣痛も、生理痛も経験することはない。

最近は陣痛を体験する器具があるようであるが、単に痛みを経験するならそれでもできるかもしれないが、必死に頑張る妊婦さんには、それ以上のなにか、違う感情があるから、乗り切れるような気がするのである。それは、母性と父性の違いでもあるようにも思えるし、単に痛みを感じるだけでなく、「妊娠」という、特別な状況下におかれたなかで初めて味わえる感覚なのかもしれない。ゆえに、私が体験するのは不可能である。

ただ、私は産科医として、それを客観的にみれるから、医療として成り立っているように思う。もし、これを体験したものであれば、たぶん、いらぬ医療介入をすることで、うまくいくものも、うまくいかない・・・ということになりそうである。それを客観的に評価できるので、医師であるゆえんではないかと・・。

この2人は、優秀な医師であり、貴重な経験の体験者であるので、できることなら、どうするのが最善か?たぶん、聞いたら教えてくれるだろうが、それもまた不可能なことである。

自分は、親戚や周りの方の勧めがあって、この地に戻り、開業することを決めたのであるが、一般的には、開業すると、お金を儲けて、悠々自適な生活を送り、勤務しているときより裕福な生活をおくれるのだろう・・と思っている方が多いと思うが、一部そういう方もおられると思うが、私のような、しがない産婦人科では、日々の生活を送るのがやっとで、へたすると同級生に比べると、その生活レベルは決して高いとは言えない。ただ、開業すると、勤務しているときよりは、患者さんとの距離が近く、診療の楽しみは増えたような気がする。

私自身、勤務なら勤務で、開業したら開業したで、その立ち位置に満足し、その職責を全うすること以外、考えることができないので、それに全力を投入することしか、以前からできない性分である。

しかし、隣の花は赤く見えることも事実で、また勤務に戻ったら、今以上に裕福な生活が送れるのではないか?でも、また、以前の苦労があるのではないか?など、いろいろな疑念が見えてくるのである。

果たして死んだら楽になるのだろうか?私が開業して勤務医に戻った方が、いいヒューマンライフを送れるかも?と思うがごとく、実は少々つらくても、また、現世に立ち戻った方が、いい生活が待っているのではないか?実は、死後の世界のほうが、よっぽど忙しく、つらい生活になってしまっているのではないか?そう思うこともある。彼らなら、こっちの生活も似たり寄ったりで、いいこともあるけど、つらいこともあるよ、現世に生きている人が思っているほど、いい世界ではないよ・・と言いそうな気もする。

それがどうなのかは、現世にいる、私には全く想像がつかず、ゆえに、優秀な友に、聞いてみたいのである。

ともあれ、現世では、本当に24時間、昼夜を問わず、走り続けてきた、産婦人科医、透析内科医には、死後の世界では、少しでも安寧の地と時が過ぎているのを、願うばかりである。

posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 12:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

第1回長崎県周産期フォーラム

今日は、勉強に行ってきました。

上記の会です。

久しぶりの周産期の勉強会で、思うところを発言させていただきました。

たぶん、会場の人からは、「この医者しつこい、何言っているのかわからない。」と思われたことでしょう。

すみません。性分なもんで・・。

ところで、今日のメインは、胎児心拍モニターの話でした。

ここからは、ちょっと難しい話で、個人的意見なので、興味がある方のみ、お読みください。

最後の特別公演の先生にご質問させていただいたのですが・・

胎児心拍モニターって、現状では、胎児の状態を把握するのに、一番重要なアイテムである・・ことは、私も否定しないのですが・・。

このモニターの波形って、少なくとも私が医者になって30年間、いやもっと前、50年くらい前から、全く変わっていない。

何がかわったか・・というと、解釈の仕方だけ・・なんですよね。

超音波は、ドプラがでて、経腟超音波がでて、最近は3D、4Dの時代なり、(まあその診断価値は別としても)進化してきています。
これは、患者さんのニーズによるものが大きいかもしれません。

でも胎児心拍モニターは、全くと言っていいほど、変わっていないんですよね。

この数十年間、たぶん症例としては、数十万、いや数百万のモニターがとられ、解析されていると思いますが、幾分かの胎児予後の改善に寄与していると思いますが、フォールスポジティブが多く(要は、異常と判断されていても、胎児が正常であるということ、それはそれいいのですが、帝王切開するケースは明らかに増えます)、劇的な改善はないように思います(私の勉強不足もあると思います。)

数十年でして、改善がこれくらいしか見られないのであれば、このいろいろなことがわかる時代、胎児の状態がもっと迅速に、正確にわかるシステムが開発されてもよさそうに思いますが・・。

妊娠って、わからないことがいっぱいあって・・なぜ、いつ陣痛がおこるか?つわりは何でおこるか?胎児が元気に産まれてくるのか?などなど・・。でも、これらがわかると、周産期は目覚ましく、発展するのではないかと思うのです。

私的には、このモニターの解析をこれから先50年したところで、これ以上の結果は得られないように思います。

もし新生児の脳にダメージがのこるのであれば、その原因としては、脳の虚血、酸素不足、あるいは、感染などが考えられます。

新生児の異常が、酸素不足であれば、それを簡単に測定できるようなアイテムを開発すればいい・・と思います。ただ、この質問をしたら、ご講演された先生は、酸素分圧の測定は、している方がいて、帝切の率はあがるが、新生児予後は改善しないそうです。

で、あれば、血流の問題?かもしれません。できれば、血流と酸素分圧を両方測れればいいのか?とも思います。

実際、胎児の状態が悪いとき、母体に酸素を投与することがあり(これの善悪については、賛否あると思いますが・・)、また、出生後のアシドーシスを見るのに、臍帯血の血液ガスを測定します。これをするということは、私的には、酸素分圧を測定することは、決して悪くないと思えるのですが・・。

そもそも、胎児の心拍数のみで、人間の状態を把握しようとするのに、無理を感じます。(いろいろな理論はあるとおもいますが・・)
大人では、心拍のみで全身状態を把握しようとはしないですよね。
それからしても、胎児心拍モニターによる、胎児の評価には限界を感じています。

1980年代、母体死亡率は10万人に10人くらいでしたが、近年その率は10万人に3人まで減少しています。
これって、すごいことですが、こと周産期に関しては、それでは許されず、周産期に携わっているものは0を目指しています。

新生児の予後の改善も同じで、胎児の予後を可及的、かつ速やかに、正確に把握し、その良好な予後を可及的に0に近づけたい・・それが周産期に携わる者の願いでもあります。

とすれば、胎児心拍モニターのみならず、胎児の評価を、もっと正確に把握できるアイテムを開発するべきです。もしくは、モニターと合わせて、より正確な評価をできる方法を開発するべきです。

10数年まえから、私がこの発言をすると、決まって、「現状では、モニター以上のものはない」という答が返ってきて、がっかりして帰ってくるのですが、行って帰ってくるのに2-3年遠くの惑星のものがわかる時代、すぐそこにある、胎児の状態がわからないはずがない・・と思っています。
私自身、大学を離れ17年、すでに研究をする立場にはないのですが、今若手でがんばっておられる、新進気鋭の活力ある産婦人科の先生方には、どうか、あと数年先には、モニターよりも(と併用してもいいのですが)もっと精度の高い、胎児well-beingの評価ができるアイテムを開発してほしいものです。

長くなりましたが、今日の講演の雑感でした。




posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 15:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

追悼記

今日、私の同級生が逝去されました。

同級生ですから、55歳の若さでした。

私のゴルフの師匠でもあります。

今使用しているクラブは、彼が私に少しでもスコアが良くなるようにと、無償で譲ってくれたものです。

また、ゴルフバッグについているタグは、彼が、ゴルフをする同級生全員に配ってくれたものです。

高校生の時は、高校初の卒業延期になった、というのが口癖で、決してお世辞にも素行がよかったとは言えないのですが、生前は、立派な透析医として、また病院の院長として、その重責を背負い、まじめで、患者さんやスタッフにも信頼の厚い、名医だったと思っています。

同級生ともう一度ゴルフをしたい・・彼の願いでした。

誠に残念、無念でなりません。

実はつい先日、私の同期入局の産婦人科の先生も急逝されました。

彼も、人望が厚く、地域に貢献されていた、名医でした。

この二人の逝去は、私にとっては、この上ない悲しみであり、無念です。

この年になったから…というのはありますが、この2人の声が、笑顔が、私がこの世にいる限り、聞けない、みれないと思うと、さびしい限りです。

別れはさびしくはありますが、彼らの人柄の記憶は、私の心の中に、いつまでも残り続けると思います。

二人の無念は、いかばかりかと思いますが、どうぞ、今まで忙しく過ごしてきた人生、これで、コールされることもなく、心安らかに、お休みください。

心よりご冥福をお祈りします。

合掌
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 15:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする