2017年03月23日

長崎市妊婦観戦予防対策モデル事業(トキソプラズマおよびサイトメガロ抗体検査)の終了について

長崎市では、妊娠期の感染により、先天性障害をきたす可能性がある、トキソプラズマおよびサイトメガロウィルスの抗体検査を実施し、感染リスクの高い妊婦を早期に見出して啓発を行うことで、母子感染およびこどもの先天性障害の発生を防ぐことを目的として、平成26年8月より「長崎市妊婦感染予防対策モデル事業」を開始しました。

このモデル事業は3年程度の実施の予定でしたので、平成29年3月末をもって、この事業を終了し、公費負担による抗体検査を終了する。

旨、長崎市こども部よりの通達がありました。

これにより、平成29年4月より、トキソプラズマ・サイトメガロ検査をご希望される方は、全額事後負担となります。

トキソプラズマ抗体検査 1880円
サイトメガロ抗体検査  2200円

なお、検査するのが望ましいですが、任意検査ですので、妊娠初期の検査の際、スタッフが確認いたしますので、ご希望の方はお申し出ください。

よろしくお願い申し上げます。

なお、諫早、西彼地区など、今まで補助がなかった地区については、従来通りです。
また、今回の通達は、長崎市のものであり、今まで補助があった五島・対馬などについては、当該地域の役所にお尋ねください。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

授乳指導の院内勉強会

先日、当院スタッフが、福岡まで、授乳の仕方の講演に行ったので、それをみんなに教えてくれました。

授乳ポジションや、新生児の乳首の含ませ方など・・

少し今までとは、違うやり方で、うまく飲ませることができるように・・とのことでの、勉強でした。

少しやり方を変えて、よりあかちゃんが、授乳できる環境を整えるように、また、乳首を傷つけないように、今後の指導を見直そうと思います。

妊娠中、産褥にも指導をする・・ということで、うまくいくよう、努力していきます。

担当のスタッフ、ありがとうございました。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 診療日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

開業産科医の苦悩

今日は日曜日、朝からお出かけしてました。

夕方、17:30頃帰院しました。

帰院すると、すぐに次男から、医局に電話がありました。

「今日は、皆で食事に行こう」と・・

最近は、受験やら、勉強合宿やら、部活やらで、家族5人がそろうことがほとんどなかったのですが、今日は、唯一といってもいいほど、家族が揃う日でした。

帰院後、病棟処置をして、帰宅しようとすると・・・

他院の先生から「分娩進行停止の人がいるとけど、帝王切開に来てくれない?」と・・

ううう、どうしよう。

家族をとるか、帝切にいくか・・

私も開業しているので、先方の先生の御苦労が手に取るように、よくわかります。たぶん、私に電話されたということは、よっぽど急いでいるか、人が呼べないか・・なのです。私もいつも同級生の先生に助けてもらっています。

結局、家族には、「ごめん、呼ばれた」・・と言って、帝切に行くことにし、家を出ました。

車のなかでも、引き返そうと何回も思ったので、自宅に電話すると、かみさんから、「行ってください」との、お言葉・・。

結局、無事に帝切終了し、今帰宅しました。

産科医の悲しい性・・。分娩の緊急性と、怖さを知っているが故に、ほかを探してください・・とは言えませんでした。

自院でのお産ならまだしも、他院の手伝いで、納得できない、家族の気持ちもわかります。

本当に、家族にはすまないと思っています。
ごめんなさい。その言葉しか、ありません。

後ろめたさを抱え得つつ、ファンモンの「HERO」を頭の中で、ヘビーローテーションしつつ、今から帰宅します。

posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

がんばれ、山田哲人選手!

山田から幻弾少年へ「またグラブ持って応援に来て」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-01789496-nksports-base

先日、WBCでホームラン性のあたりを、野球少年が捕球してしまい、2塁打になったときの話。

だれもが、この重要な試合での、この事件を、「あいつ、なにしてんだ、戦犯ものだ」とののしるなか(私も含めて)、山田選手のこの言葉は、素晴らしいとしか、いいようがない。

ミスはだれにでもある、応援してくれるファンを大切にする・・素晴らしい、ふるまいです。

なかなか、言えるもんではありません。

山田選手自体は、まだまだシーズンの調子ではないですが、きっと、日本のためにやってくれると信じています。
WBCでの活躍を願っています。
posted by 池田産科−YOU−婦人科医院 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする